学問祭(諸学への誘い)2024

学問祭2024表紙ビジュアル

*奈良教育大学では「教養科目」、奈良女子大学では「教養科目群」として単位認定

【今年度】学問祭2024パンフレットPDFはこちら

【昨年度の記録】学問祭2023パンフレットPDFはこちら

お知らせ

  • ■「子宮頸がんと組織の歴史」(8/26(月)3コマ目)は、諸般の事情により中止することとなりました。ご了承ください。(2024.07.19)
  • ■学問祭2024の内容に更新しました(2024.04.01)
  • レポート合評セッションを開催し、受賞者3名の作品を公開しました(2023.12.18)
  • ■学問祭2023の内容に更新しました(2023.04.01)
  • ■教養教育ウィーク 奈良カレッジズ学問祭(略称「学問祭」)のページを開設しました(2022.04.01)

学問祭とは?

学問の面白さや奥深さを感じることのできる真夏の1週間。2024年度は8月23~29日の期間で開催予定です。
大学とは学問を深め、知を産み出す場所です。ではそもそも学問とは何なのか…。それを体感すべく、集中講義形式で学問の面白さや奥深さを感じることのできる科目「諸学への誘い(いざない)」と関連イベントをセットにしたものが「教養教育ウィーク 奈良カレッジズ学問祭」(略称「学問祭」)です。学外からの贅沢な講師陣も交えた、さまざまな分野の専門家が1コマずつ登壇(2024年度は15名)します。興味や関心を深めるもよし。新しい分野の扉を叩くもよし。自在に組み合わせて8コマ以上を受講し、自分なりの知的世界を構築するためのヒントや刺激に出会ってください。奈良女子大学と奈良教育大学が共同で開講する科目ですので、両学の学生が受講します。オンライン受講も可能です。

何に役立つの?

「諸学への誘い」&学問祭は下記を目指しています。
■礎(いしずえ)の形成:知る歓びと考える愉しさを体感。生涯つづくような知的欲求の礎を築く。
■諸学を知る:諸学のエッセンスに触れ、各自が探究したいジャンルに出会う契機とする。
■異分野の横断的把握:異分野・異領域についての学びを繋ぎ、融合する力を醸成する。
■交流:単位取得をめざす履修もワンショットの聴講もできる、柔軟な知的交流空間づくり。

単位になるの?

はい。
奈良教育大学生は教養科目「諸学への誘いA」(2単位認定)もしくは「諸学への誘いB」(1単位認定)を、奈良女子大学生は教養教育科目「諸学への誘い」(1単位認定)を履修登録してください。前期科目です。昨年度以前に履修済みの人でも新たに単位認定されます。

履修や単位認定の方法は?

全講義のうちから自由に8コマ以上を受講し、レポート(下記※参照)を作成して、単位が認定されます。2単位型履修である「諸学への誘いA」の単位認定方法は教育大学生向けに別途お知らせします。※レポート課題=受講した講義から2つを選び(3つ以上も可)、それらを自分なりに俯瞰し、関連づけたり融合させたりすると見えてくるものについて自由に論じたレポートを1本提出。

履修登録しない聴講もOK?

はい。
「単位取得は不要だが、ぜひ聴講したい講義がある」といったケースも歓迎です。大学院生や教職員もOKです。参加方法等は決まり次第この欄でお知らせします。

開講形態は?教室はどこ?

・奈良国立大学機構に属する奈良教育大学と奈良女子大学の共通科目として両大学生が履修します。
・開講形態=教室で実施する対面授業(8月23・24・27・28日)とオンラインのみによる遠隔授業(8月26日)があります。対面授業の日はオンラインでの同時配信も行います。
・オンライン受講用のZoom URLは履修登録や聴講申し込みをした人に別途お知らせします。
・会場となるキャンパスはタイムテーブルを見てください。
・教室は決まり履修登録者に周知したりシラバスに掲載したりします。受講前に確認してください。
シラバス入り口はこちら→ [教育大] [女子大]
※同じ科目なのでシラバス記載内容も共通です

講義内容

対面+遠隔授業:教室で実施(オンラインでも同時配信) 遠隔授業:オンラインで実施(教室での授業はありません)

パソコンでご覧の場合、ブラウザの幅を狭めていただくと各講義概要が見やすくなります。 ※印:奈良国立大学機構アドバイザリーボードメンバー

  • 講義内容画像 8月23日 2コマ
  • 講義内容画像 8月23日 3コマ
  • 講義内容画像 8月23日 4コマ
  • 講義内容画像 8月24日 2コマ
  • 講義内容画像 8月24日 3コマ
  • 講義内容画像 8月24日 4コマ
  • 講義内容画像 8月26日 2コマ
  • 講義内容画像 8月26日 3コマ
  • 講義内容画像 8月26日 4コマ
  • 講義内容画像 8月27日 2コマ
  • 講義内容画像 8月27日 3コマ
  • 講義内容画像 8月27日 4コマ
  • 講義内容画像 8月28日 2コマ
  • 講義内容画像 8月28日 3コマ
  • 講義内容画像 8月28日 4コマ

ゲスト講師プロフィール

※出講順。機関名をクリックすると各HPが別窓で開きます。
金出 武雄(カーネギーメロン大学ロボット研究所 創始者記念全学教授)
カーネギーメロン大学ロボット研究所へ
鈴木 智大(奈良文化財研究所 飛鳥・藤原地区遺構研究室長)
奈良文化財研究所へ
中川 あや(奈良国立博物館 学芸部教育室長)
奈良国立博物館へ
塩﨑 一裕(奈良先端科学技術大学院大学 学長)
奈良先端科学技術大学院大学へ
浅田 尚紀(奈良県立大学 前学長)
奈良県立大学へ

スケジュール

※各講師の名前をクリックすると紹介ページが別窓で開きます。
2コマ
10時45分~12時15分
3コマ
13時05分~14時35分
4コマ
14時50分~16時20分
◀︎開講時刻に注意してください
8/23金 研究を楽しむ
―私の人工知能と
ロボットの研究を通して―
講師:金出武雄(カーネギーメロン大学ロボット研究所)
社会化と
相互行為から人間を考える
講師:粕谷圭佑(奈良教育大学)
声楽って何?
講師:水野亜歴(奈良教育大学)
奈良教育大学会場
8/24土 奈良の建築からアジアをみる
講師:鈴木智大(奈良文化財研究所)
博物館で広がる
考古学研究の世界
講師:中川あや(奈良国立博物館)
素粒子を見る工夫・
素粒子から見る世界
講師:宮林謙吉(奈良女子大学)
奈良教育大学会場
8/25日 お休み
(単位履修外の自由参加企画を実施する場合は学問祭ウェブサイトでお知らせします)
8/26月 EUの機構と政策決定
―加盟国を代表する
閣僚理事会を中心に―
講師:橋田力(奈良女子大学)
 子宮頸がんと組紐の歴史 
【中止】
 講師:森野ひとみ(奈良教育大学) 
「国風」と「和風」
講師:西村さとみ(奈良女子大学)
終日オンライン
8/27火 日本住宅建築における、
ミニマルな美意識とその歴史
講師:坂井禎介(奈良女子大学)
科学の目で見る
奈良時代の建築彩色
講師:青木智史(奈良教育大学)
遺伝学、逆遺伝学
―あるいは日本と米国―
講師:塩﨑一裕(奈良先端科学技術大学院大学学長)
奈良女子大学会場
8/28水 南極氷床変遷史を
東南極から見る
講師:高田将志(奈良女子大学学長)
学際研究のすすめ
講師:浅田尚紀(奈良県立大学前学長)
新たな宇宙X線望遠鏡で
解明する激動の宇宙
講師:信川正順(奈良教育大学)
奈良女子大学会場
8/29木

スピンオフDAY
~学問祭ならではの交流や知的刺激を追求する企画の日~
(単位履修外の自由参加イベント。内容は決定次第、学問祭ウェブサイトの「関連イベント」にアップします。)

9月下旬
予定

学問祭レポート合評セッション
~詳細は学問祭ウェブサイトにて~
「諸学への誘い」への課題レポートのうち自薦・他薦のエントリー作品をみんなで読みあう自由参加のイベントです

合評セッション

関連イベント

  • ■2024年度の関連イベント企画は準備中です。
    ■2023年度の講師による推薦図書リストは下記です。 (書籍実物の展示案内はこちら

■2023年度版オススメ図書はこれ!➞推薦の言葉はこちら

 著者名書名出版社
1仲野 徹 生命科学者たちのむこうみずな日常と華麗なる研究河出書房新社 河出文庫
2岡田 吉美遺伝暗号のナゾにいどむ岩波書店 岩波ジュニア新書
3下山晴彦(編)よくわかる臨床心理学ミネルヴァ書房
4山上敏子方法としての行動療法金剛出版
5谷畑 勇夫宇宙核物理学入門講談社(ブルーバックス)
6秋葉 康之クォーク・グルーオン・プラズマの物理共立出版
7E.S.モース(石川欣一訳)日本その日その日講談社学術文庫
8赤祖父俊一正しく知る地球温暖化—誤った温暖化論に惑わされないために―誠文堂新光社
9儀我美一・儀我美保 非線形偏微分方程式 ― 解の漸近挙動と自己相似解 ―共立出版
10ハイム・ブレジス関数解析 その理論と応用に向けて産業図書
11三舟隆之・馬場基古代寺院の食を再現する : 西大寺では何を食べていたのか吉川弘文館
12奈良文化財研究所(共著)奈良の都の暮らしぶり : 平城京の生活誌クバプロ
13デビッド・マービジョン―視覚の計算理論と脳内表現産業図書
14川人光男脳の情報を読み解く BMIが開く未来朝日新聞出版
15神谷美恵子生きがいについてみすず書房
16C.M.ライゲルース学習者中心の教育を実現するインストラクショナルデザイン理論とモデル北大路書房
17ダゴベルト・フライ比較芸術学創文社
18加藤周一日本文化における時間と空間岩波書店
19井上和子(編)日本文法小辞典大修館書店
20ノーム・チョムスキー(著)川本茂雄(訳)デカルト派言語学 合理主義思想の歴史の一章みすず書房
21日本生態学会 編生態学入門東京化学同人
22ピッキオ 編著虫のおもしろ私生活―身近な虫の観察図鑑主婦と生活社
23日本景観生態学会景観生態学共立出版
24十津川村史編さん委員会十津川村史 地理・自然編十津川村
25オリバー・サックス(吉田利子 訳)火星の人類学者ー脳神経科医と7人の奇妙な患者ハヤカワ書房
26ジュリア・カセム「インクルーシブデザイン」という発想 排除しないプロセスのデザインフィルムアート社
27ユリウス・カエサル(高橋宏幸訳)ガリア戦記岩波書店
28石田茂作ほか天平地寶帝室博物館

お問い合わせ

  • 質問等はアクセスマップのすぐ下にあるEメールアドレス宛へお送りください。
    両校のうちご自分が所属している大学の方をお選びください。

会場キャンパスへのアクセス

奈良教育大学

バス停「高畑町」から徒歩1分
奈良教育大学 教務課 教務係
〒630–8528 奈良県奈良市高畑町
TEL.0742–27–9124
E-mail. kyoumu-tanto☆nara-edu.ac.jp
(メール送信の際は☆を半角の@に変換してください。)

奈良女子大学

近鉄奈良駅1番出口から徒歩約5分
奈良女子大学 学務課 学務係
〒630–8506 奈良県奈良市北魚屋西町
TEL.0742–20–3233
E-mail. gakumukakari☆jimu.nara-wu.ac.jp
(メール送信の際は☆を半角の@に変換してください。)