組織

なら産地学官連携プラットフォームは、プラットフォーム全体の意思決定機関としての総会のもと、総会への提案・付議、 プロジェクト推進等に関する協議機関としての実務者会議、地域課題の解決や新産業創出に向けた具体的なプロジェクトの推進を図るタスクフォースにより構成されています。
また、プラットフォームの事務局は国立大学法人奈良国立大学機構 奈良カレッジズ連携推進センターが担当します。


  なら産地学官連携プラットフォームの組織構成

タスクフォース設置の流れ  
 

◆ 会員
<地方公共団体>
 奈良県、奈良市  

<高等教育機関・文化財研究所>
 国立大学法人奈良国立大学機構(奈良教育大学、奈良女子大学)、国立大学法人奈良先端科学技術大学院大学、
 公立大学法人奈良県立医科大学、公立大学法人奈良県立大学
 独立行政法人国立高等専門学校機構奈良工業高等専門学校、独立行政法人国立文化財機構奈良国立博物館、
 独立行政法人国立文化財機構奈良文化財研究所

<経済・産業団体>
 奈良県商工会議所連合会、奈良県商工会連合会、一般社団法人奈良経済産業協会、奈良経済同友会
 奈良県中小企業家同友会、奈良県職業能力開発協会
 
<企業等>
 大和ハウス工業株式会社、DMG森精機株式会社、株式会社中川政七商店、株式会社南都銀行