学問祭(諸学への誘い)2022

学問祭2022表紙ビジュアル

*奈良教育大学では「教養科目」、奈良女子大学では「教養科目群」として単位認定

学問祭2022パンフレットPDFはこちら

お知らせ

  • ■教養教育ウィーク 奈良カレッジズ学問祭(略称「学問祭」)のページを開設しました(2022.04.01)

学問祭とは?

学問の面白さや奥深さを感じることのできる真夏の1週間。2022年度は8月25~31日開催予定です。
大学とは学問を深め、知を産み出す場所です。ではそもそも学問とは何なのか…。それを体感すべく、集中講義形式で学問の面白さや奥深さを感じることのできる新科目「諸学への誘い(いざない)」と関連イベントをセットにしたものが「教養教育ウィーク 奈良カレッジズ学問祭」(略称「学問祭」)です。学外からの贅沢な講師陣も交えた、さまざまな分野の専門家が1コマずつ登壇(2022年度は14名)します。興味や関心を深めるもよし。新しい分野の扉を叩くもよし。自在に組み合わせて8コマ以上を受講し、自分なりの知的世界を構築するためのヒントや刺激に出会ってください。奈良女子大学と奈良教育大学が共同で開講する科目ですので、両学の学生が受講します。オンライン受講も可能です。

何に役立つの

新科目「諸学への誘い」&学問祭は下記を目指しています。
■礎(いしずえ)の形成:知る歓びと考える愉しさを体感。生涯つづくような知的欲求の礎を築く。
■諸学を知る:諸学のエッセンスに触れ、各自が探究したいジャンルに出会う契機とする。
■異分野の横断的把握:異分野・異領域についての学びを繋ぎ、融合する力を醸成する。
■交流:単位取得をめざす履修もワンショットの聴講もできる、柔軟な知的交流空間づくり。

単位になるの?

はい。科目名「諸学への誘い」を履修登録してください。科目の区分は、奈良教育大では共通科目内の"教養科目"、奈良女子大では教養教育科目内の"教養科目群"です。1単位が認定されます。

履修や単位認定の方法は?

全講義のうちから自由に8コマ以上を受講し、レポートを作成。
レポートでは、<受講した講義のうちの2つほどを自分なりに俯瞰し、関連づけたり融合させると見えてくるもの>について述べてもらう予定です。
自分の関心や思いつきにひきつけて自由に書いてくれればよいので、難しく考える必要はありません。詳細や分量・提出方法・締め切りなどは履修登録者に別途告知します。

履修登録しない聴講もOK?

はい。「単位取得は不要だが、ぜひ聴講したい講義がある」といったケースも歓迎です。大学院生ももちろんOKです。教職員もOKです。参加方法等は決まり次第この欄でお知らせします。

開講形態は?教室はどこ?

・奈良教育大学と奈良女子大学の共通科目として両学学生が履修。
・開講形態=教室で実施する対面授業(8月25~29日)とオンラインのみによる遠隔授業(8月30日)があります。対面型の場合はオンラインでも同時配信します。
・オンライン受講用のZoom URLは履修登録や聴講申し込みをした人に別途お知らせします。
・会場となるキャンパスはタイムテーブルを見てください。
・教室は決まり履修登録者に周知したりシラバスに掲載したりします。受講前に確認してください。
シラバスはこちら→ [教育大] [女子大]
※同じ科目なのでシラバス記載内容も共通です

講義内容


※パソコンでご覧の場合、ブラウザの幅を狭めていただくと各講義概要が見やすくなります

対面+遠隔授業:教室で実施(オンラインでも同時配信) 遠隔授業:オンラインで実施(教室での授業はありません)

  • 講義内容画像
  • 講義内容画像
  • 講義内容画像
  • 講義内容画像
  • 講義内容画像
  • 講義内容画像
  • 講義内容画像
  • 講義内容画像
  • 講義内容画像
  • 講義内容画像
  • 講義内容画像
  • 講義内容画像
  • 講義内容画像
  • 講義内容画像

ゲスト講師等プロフィール

※機関名をクリックすると各HPに飛べます
井上 洋一(奈良国立博物館長)
奈良国立博物館へ
プロフィール準備中
本中 眞(奈良文化財研究所長)
奈良文化財研究所へ
プロフィール準備中
塩﨑 一裕(奈良先端科学技術大学院大学長)
奈良先端科学技術大学院大学へ
プロフィール準備中
榊 裕之(奈良国立大学機構理事長)
理事長挨拶・プロフィール
プロフィール準備中

スケジュール

※各講師の名前をクリックすると紹介ページ(外部サイト)に飛べます
2コマ
10時45分~12時15分
3コマ
13時05分~14時35分
4コマ
14時50分~16時20分
◀︎通常時間割より5〜10分後ろ倒しになっています
8/25木 子どもの支援ニーズの多様化
―小児医療の視点から―
講師:全 有耳(奈良教育大学)
現代アートへの誘い
講師:長谷 圭城(奈良女子大学)
天の川銀河中心の超巨大ブラックホール
講師:信川 正順(奈良教育大学)
奈良教育大学会場
8/26金 奈良の伝統相撲考
―“すもう”という名の舞―
講師:井上 邦子(奈良教育大学)
古い書物に触れ、観察し、考える
講師:鈴木 広光(奈良女子大学)
奈良女子大学会場
8/27土 『自らの文化が生き続ける限り、その国は生きながらえる』
講師:井上 洋一(奈良国立博物館長)
世界遺産
―世界のスタンダードと多様性―
講師:本中 眞(奈良文化財研究所長)
運動イメージと運動スキル
講師:中田 大貴(奈良女子大学)
奈良女子大学会場
8/28日 お休み
(授業外の自由参加企画を実施する場合は学問祭ウエブサイトでお知らせします)
8/29月 ランダムとはどういうことか
講師:篠田 正人(奈良女子大学)
学力・研究力・創造力について考える
―自らの研究体験を基に―
講師:榊 裕之
(奈良国立大学機構理事長)
「スーパーモデル」としての酵母
講師:塩﨑 一裕
(奈良先端科学技術大学院大学長)
奈良教育大学会場
8/30火 文字と白と黒で描く
―仮名書道の造形美―
講師:北山 聡佳(奈良教育大学)
SDGs‐ESD入門
講師:中澤 静男(奈良教育大学)
つながり・コネ・ネットワーク
講師:水垣 源太郎 (奈良女子大学)
終日オンライン
8/31水 スピンオフDAY
~学問祭ならではの企画を予定~
「諸学への誘い」科目の単位履修外の自由参加イベントです/詳細は学問祭ウエブサイトでお知らせします

関連イベント

  • 未定(決まり次第アップします)

お問い合わせ

  • 質問等はアクセスマップのすぐ下にあるEメールアドレス宛へお送りください。
    両校のうちご自分が所属している大学の方をお選びください。

会場キャンパスへのアクセス

奈良教育大学

バス停「高畑町」から徒歩1分
奈良教育大学 教務課 教務係
〒630–8528 奈良県奈良市高畑町
TEL.0742–27–9124
E-mail. kyoumu-tanto☆nara-edu.ac.jp(メール送信の際は☆を半角の@に変換してください。)

奈良女子大学

近鉄奈良駅1番出口から徒歩約5分
奈良女子大学 学務課 学務係
〒630–8506 奈良県奈良市北魚屋西町
TEL.0742–20–3233
E-mail. gakumukakari☆jimu.nara-wu.ac.jp(メール送信の際は☆を半角の@に変換してください。)